文字サイズ

落合GM惚れた鬼肩 なぜトレード

落合GM惚れ込んだ“鬼肩”がなぜトレード? 谷繁以来の正捕手期待も…逃した好機

フルカウント

プロ4年目まで1軍5試合出場…与田監督就任の2019年に92試合出場

 中日の加藤匠馬捕手とロッテの加藤翔平外野手の交換トレードが成立したと、両球団が15日に発表した。加藤匠は球界屈指とも呼ばれる“鬼肩”を武器に、プロ5年目の2019年に台頭。しかし2020年以降は木下拓哉捕手が扇の要を担い、今季はここまで1軍出場がなかった。元監督の谷繁元信氏以来、長年の課題となっていた正捕手争いから離脱した格好となったが、トレードには球団側の温情も滲む。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る