文字サイズ

「中田翔と心中」采配に疑問の声

巨人が自力優勝消滅 「中田翔と心中」の原采配に疑問の声

AERA dot.

 巨人ファンも、阪神ファンも驚いた。

 26日の巨人―阪神戦。4点差を追いかける巨人は6回に松原聖弥の11号ソロで反撃ののろしをあげると、8回に吉川尚輝の適時二塁打、松原の犠飛で1点差に迫る。さらに、2死一、二塁と一打逆転の好機。途中出場の北村拓己が打席に向かうと、原監督がベンチから出た。勝負の一手は「代打・中田翔」。だが、実らない。中田は三ゴロに倒れて、そのまま敗戦。自力優勝の可能性が消滅した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る