文字サイズ

11年間のベストピッチは?斎藤佑

「斎藤佑樹」が引退 田中将大に三戦全敗…プロ11年間の“苦闘”のベストピッチは?

デイリー新潮

 日本ハム・斎藤佑樹が今季限りで現役を引退する。早稲田実エース時代の2006年夏、駒大苫小牧と延長15回引き分け再試合の末、優勝投手になり、“ハンカチ王子”の愛称とともに社会現象になった。早大でも通算31勝を挙げ、10年のドラフトで4球団競合の末、日本ハムに1位指名で入団したが、プロ11年間の通算成績は15勝26敗。故障との闘いに明け暮れた最後の4年間は、1勝もできなかった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る