文字サイズ

大谷を襲う「二刀流消滅」の危機

大谷翔平を襲う「合理的な二刀流消滅」危機 エ軍マドン監督が描くポストシーズン進出の青写真

日刊ゲンダイDIGITAL

 今季2度目のマウンドは不満の残る内容だった。

 エンゼルス・大谷翔平(26)が日本時間21日のレンジャーズ戦に先発。4回を1安打無失点、7三振も、7四死球。予定されていた75球を超えたため(80球)降板した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る