文字サイズ

米野球殿堂 投票結果に賛否の声

【MLB】ボンズ&クレメンスの米野球殿堂落選に賛否 「馬鹿げている」「投票者は理解」

ロジャー・クレメンス氏(左)とバリー・ボンズ氏【写真:AP、Getty Images】
ロジャー・クレメンス氏(左)とバリー・ボンズ氏【写真:AP、Getty Images】

“薬物疑惑”のあったボンズ氏は66.0%、クレメンス氏は65.2%の得票率で候補最終年も落選

 米国野球殿堂は25日(日本時間26日)、2022年度の殿堂入り選手を発表した。ラストイヤーの10年目を迎えた歴代最多通算762本塁打のバリー・ボンズ氏、通算354勝のロジャー・クレメンス氏は殿堂入りならず。薬物疑惑もあった2人の落選を受けて、米メディアでは得票結果に「馬鹿げている」「投票者は理解している」と賛否の声が上がっている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る