文字サイズ

侍J山田哲人 決めていた初球打ち

侍J山田哲人、決めていた初球打ち 殊勲の走者一掃打は「真っ直ぐ仕留めるつもりで」

フルカウント

同点で迎えた8回2死満塁でフェンス直撃の適時二塁打

■日本 5ー2 韓国(4日・準決勝・横浜)

 東京五輪で悲願の金メダルを狙う野球日本代表「侍ジャパン」は4日、横浜スタジアムで韓国代表と準決勝を戦い、5-2で勝利して決勝進出を決めた。同点で迎えた8回2死満塁で山田哲人内野手(ヤクルト)が走者一掃の適時二塁打。決勝の一打を放った山田は試合後のテレビインタビューで「1球目から打つというのはネクストバッターズサークルから決めていた」と初球を弾き返した決勝打を振り返った。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る