文字サイズ

大谷翔平 過ごしやすさだけじゃない…エンゼルスにあった“もう一つ”の心残り

女性自身
女性自身

「現地では、大谷選手は11月上旬には“本命”をすでに決めていたので、コーイケルホンディエという希少な中型犬を飼う余裕があったのだといわれています。大の愛犬家だけに、飼い始めたらほかのことが手につかなくなってしまいますから……」(在米ジャーナリスト)

12月4日(日本時間)、メジャーリーグの移籍交渉の山場となるウインターミーティングが始まった。空前のFA争奪戦となった大谷翔平選手(29)はリハビリ中に通訳の水原一平さん(38)に「6年間過ごしたLAの過ごしやすさ」が気に入っていたと繰り返し話していたという。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る