文字サイズ

大谷「三刀流」降板後に右翼手

【MLB】大谷翔平、メジャー自身初のリアル三刀流 7回10K1失点で2勝目ならずも右翼手でプレー

フルカウント

今季最長7回を投げて今季初2桁10奪三振4安打1失点

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間12日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地・アストロズ戦に「2番・投手」で出場した。メジャー3度目の投打同時出場で、4回にメジャー通算100奪三振に到達。今季最長7回を投げ、今季初の10奪三振4安打1失点と好投した。同点の場面での降板となり、今季2勝目はならなかった。防御率2.13。降板後は右翼手でのプレーを続行した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る