文字サイズ

世界体操 床運動で南一輝が銀

世界体操、21歳南一輝が床運動銀メダル 初出場スペシャリスト、金に0.034点差で健闘

THE ANSWER

世界体操

 体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点で銀メダルとなった。東京五輪は出られなかった床運動のスペシャリストは、世界体操初出場。24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)は同14.533点で6位だった。ニコラ・バルトリーニ(イタリア)が14.800点で金メダル、エミル・ソラブオ(フィンランド)が14.700点で銅メダルだった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る