文字サイズ

トレードの可能性や日本での合宿参加の負担、そして怪我…大谷翔平のWBC出場を妨げる「要素」とは?<SLUGGER>

THE DIGEST
THE DIGEST

「選んでもらえるのであれば、プレーしたい気持ちはもちろんあります」。7月20日、大谷翔平(エンジェルス)はこのように語り、来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場に意欲的な姿勢を示した。日本ハム時代の恩師だった栗山英樹が侍ジャパンの監督を務めることも大きな要因のようだ。そしてもちろん、彼がそう望むのであれば代表に選ばれない確率はゼロに等しい。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る