文字サイズ
× 閉じる

藤井二冠「三冠」は当面お預けか

藤井聡太、最年少200勝も三冠は当面お預け、史上最年少記録の最難関は?

デイリー新潮

 将棋の藤井聡太二冠(棋聖、王位)が11月20日に行われた王将戦挑戦者決定リーグで木村一基前王位(47)に勝利し、公式戦通算200勝を達成した。18歳4か月の達成は、羽生善治九段の19歳1か月を抜き、これも史上最年少。とはいえプロ入りから4年1か月での達成は、羽生の最短記録(3年11か月)に及ばなかった。叡王位のように羽生が若き日にはなかったタイトルが新設され、対局数も増えていることから見れば、やはり羽生はすごかった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る