文字サイズ
× 閉じる

秘境に「異世界トンネル」目的は

誰が何の目的でこんな場所に…? 秘境で出会ったふたつの“異世界トンネル”

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

 川端康成が『雪国』で描いたように、入口と出口でまるで違った景色が見えてくるというのはトンネルの持つ代表的な魅力の一つだ。

 石川県七尾市の北東部に位置する崎山半島・湯川町の山裾で見つけたトンネルにもそうした魅力があった。内部に一歩足を踏み入れると、ゴーッと音を立てて流れる水の音がトンネル内で反響していて、外の音は一切聞こえない。それまでの世界と切り離されるかのような不思議な感覚が呼び起こされる。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る