文字サイズ
× 閉じる

需要広がる「作業着スーツ」続々

ワークマン、オアシス、モノタロウ… 広がる洗えるワークスーツ続々

作業現場でもオフィスでも使える「作業着スーツ」の発売ラッシュが起きている。もともとは水道工事などを手掛けるオアシスライフスタイルグループの新規事業で、2018年に「ワークウェアスーツ(WWS)」として売り出したもの。見た目はスーツのようだが、ハードな作業もこなせる伸縮性、水をはじくはっ水性や速乾性、毎日洗える耐久性などが評価され、企業への導入が進んだ。さらに新型コロナウイルスの影響もあって、個人の需要も広がっている。事業者向け通販大手のMonotaRO(モノタロウ)や紳士服のAOKI、作業服・作業用品専門店のワークマンなどの参入が続いている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る