文字サイズ
× 閉じる

懸念も?アニメ聖地巡礼の光と影

「鬼滅の刃」新聖地が活況、一方で“アニメ聖地認定”による不幸せな現実も

Walkerplus

漫画『鬼滅の刃』人気が止まらない。シリーズの累計発行部数は8000万部を突破し、作品の連載終了後も新たなファンを取り込み続けている。人気の一端は、作品の舞台やゆかりの地を巡る“聖地巡礼”にも見られる。モデルと明言されていない神社や旅館が、名前の共通点や風景が似ているなどの理由からファンの間で「聖地」として話題になっているのだ。コロナ禍で観光地が大ダメージを受けるなか、聖地とされたスポットでは驚きとともに歓迎の声が聞かれる一方、人気作品の舞台探訪はしばしばトラブルにつながるケースもある。今や観光の定番となった「聖地巡礼」の光と影とは。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る