文字サイズ

【王将戦第2局】羽生善治のすごい揺さぶり 「プロがまず指さない俗手」で藤井聡太に勝ったワケ

勝利し、一勝一敗のタイにした羽生九段(日本将棋連盟提供)
勝利し、一勝一敗のタイにした羽生九段(日本将棋連盟提供)

 令和と平成のスーパースターが激突――藤井聡太五冠(20)に羽生善治九段(52)が挑戦する第72期ALSOK杯王将戦七番勝負(主催:毎日新聞ほか)の第2局が、1月21、22日の両日、大阪府高槻市・摂津峡の老舗旅館「山水館」で行われ、羽生が101手で勝利した。これで対戦成績は1勝1敗のタイ。藤井は先手番での勝率が驚異的に高く、第2局で先手番となった羽生は、是が非でも取らなければ勢いでやられてしまう懸念があった。分が悪かった藤井との対戦成績も、これで2勝8敗。平成のレジェンド・羽生は「ほっとした」と話した。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る