文字サイズ
× 閉じる

東京の西郷隆盛像 なぜ普段着?

東京三大銅像、なぜ西郷隆盛像だけが普段着なのか… 鹿児島の西郷像は軍服姿

まいどなニュース

日本で初めて西洋式の銅像が建てられたのは1893年、靖國神社の大村益次郎像だそうだ。同じ頃に、皇居外苑の楠木正成像(1897年)、上野恩賜公園の西郷隆盛像(1898年)も建てられている。東京三大銅像である。大村益次郎と西郷隆盛はご存知のとおり、幕末から明治維新にかけて活躍した人物で、楠木正成のみが鎌倉時代の終わりから南北朝時代にかけて後醍醐天皇に忠義を尽くした人物だった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る