文字サイズ

緑黄色野菜に難病抑制力 研究

緑黄色野菜に難病「炎症性腸疾患」の炎症を抑制する力、九州大が発見

緑黄色野菜に難病「炎症性腸疾患」の炎症を抑制する力、九州大が発見
緑黄色野菜に難病「炎症性腸疾患」の炎症を抑制する力、九州大が発見

九州大学大学院の西田基宏教授と西山和宏講師らは、ブロッコリースプラウトなどの緑黄色野菜に含まれる化合物スルフォラファンやイベリンが難病の炎症性腸疾患(IBD)の炎症を抑制することを発見した。IBD発症に寄与する受容体を明らかにし、両化合物がこれと結合して抗炎症作用を発揮することを示した。IBDの予防・治療法開発につながると期待される。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る