文字サイズ

衛星救った3時間 欧州機関が公開

残された時間は3時間。ガンマ線観測衛星「インテグラル」のトラブル発生から復旧までの様子をESAが紹介

【▲ 欧州宇宙機関のガンマ線観測衛星「インテグラル」(Credit: ESA/D. Ducros)】

欧州宇宙機関(ESA)が運用する「Integral(インテグラル)」は、宇宙から飛来するガンマ線を観測する人工衛星です。2002年10月17日の打ち上げから今年で19年を迎えたインテグラルは、謎に満ちたガンマ線バーストなどの観測で数多くの成果をあげています。

2021年9月22日、インテグラルはミッションの継続が危ぶまれるほどのトラブルに見舞われました。わずかな時間的猶予のもとでインテグラルを救った欧州宇宙運用センター(ESOC:European Space Operations Centre)の運用管制チーム(FCT:Flight Control Team)による復旧作業の様子を、ESAが10月18日付で紹介しています。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る