文字サイズ

国連総長、穀物輸出を視察 オデッサ港、正常化へ決意

手を振る国連のグテレス事務総長(中央)=19日、ウクライナ・オデッサ(AP=共同)
手を振る国連のグテレス事務総長(中央)=19日、ウクライナ・オデッサ(AP=共同)

 【リビウ、イスタンブール共同】国連のグテレス事務総長は19日、黒海に面するウクライナ南部のオデッサ港を訪問し、同国産穀物を輸出する貨物船への積み込み状況などを視察した。ただ、ロシアが2014年に強制編入した南部クリミア半島で爆発が続き、南部ヘルソン州などでの攻防も激化。黒海航路を取り巻く情勢は依然、流動的だ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る