文字サイズ

小惑星りゅうぐうの石 分析開始

小惑星りゅうぐうの石、分析開始 兵庫の大型放射光施設で

共同通信

 海洋研究開発機構などの研究チームは20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2が持ち帰った小惑星りゅうぐうの石の分析を始めた。兵庫県佐用町の大型放射光施設「スプリング8」でエックス線を使い、さまざまな方向から撮影して立体画像を作成。鉱物の分布のほか、水や有機物の有無など、内部の構造を解明する。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る