文字サイズ

中国、35年に核弾頭1500発 台湾侵攻警戒、米国防総省報告書

共同通信
共同通信

 【ワシントン共同】米国防総省は29日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。中国が21年に核戦力の増強を加速させ、運用可能な核弾頭は400発を超えたと推定。35年には約1500発になる公算が大きいとした。緊張が続く台湾に関しては、武力統一のため海上封鎖から全面侵攻まで幅広い選択肢を持っているとして警戒感を示した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る