文字サイズ

WHO 健康維持へ大気基準を厳格化

WHO、大気の基準を厳格化 健康維持へ新指針

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は22日、健康な生活を送るために必要な大気の基準を改定し、微小粒子状物質「PM2.5」や二酸化窒素など六つの大気汚染物質をさらに低濃度とするよう求める新指針を公表した。2005年の前回改定と比べ、1立方メートル当たりの年間平均濃度をPM2.5は10マイクログラムから5マイクログラムに、二酸化窒素は40マイクログラムから10マイクログラムに引き下げるよう求めた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る