文字サイズ

緊急事態宣言解除めど立たず WHO

WHO、緊急事態宣言から2年 コロナ警戒継続、解除めど立たず

新型コロナウイルスの流行以来初めて新規感染者が50万人を超えたフランスで、鉄道旅客のワクチン接種証明を確認する職員ら=28日、パリ(ゲッティ=共同)
新型コロナウイルスの流行以来初めて新規感染者が50万人を超えたフランスで、鉄道旅客のワクチン接種証明を確認する職員ら=28日、パリ(ゲッティ=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)が新型コロナについて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言し、各国に最高度の警戒態勢を取るよう求めてから30日で2年。変異株のオミクロン株が報告された昨年11月以降、感染者は爆発的に増加し、宣言解除のめどは立っていない。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る