文字サイズ

アルツハイマーの進行抑制 iPS創薬で探した既存薬、京大

記者会見する京都大の井上治久教授(中央)ら=30日、京都市左京区(京都大提供)
記者会見する京都大の井上治久教授(中央)ら=30日、京都市左京区(京都大提供)

 京都大の井上治久教授(神経内科学)らのチームは30日、遺伝子変異が原因で起こる家族性アルツハイマー病の患者を対象に治療薬候補の臨床試験(治験)を実施した結果、病状の進行を抑制する傾向を確認したと発表した。チームは人工多能性幹細胞(iPS細胞)を薬の研究開発に生かす「iPS創薬」の手法で、効果が期待できる薬を特定していた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る