文字サイズ

J&Jワクチン「脇役」欧州でなぜ

アングル:J&Jコロナワクチン、欧州で「脇役」になった理由

ロイター

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州で新型コロナウイルスワクチンの供給危機が頂点に達した今年3月、1回の接種で済む米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンが登場すると、状況を一変させる期待の星としてもてはやされた。しかし、供給開始から2カ月を経た今、欧州連合(EU)では承認済みの同ワクチン4種類のうち、J&J製の利用率が最も低くなっている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る