文字サイズ

ハイチ大統領暗殺1年、続く混乱 治安悪化、住民に嘆きも

ハイチの故モイーズ大統領(ロイター=共同)
ハイチの故モイーズ大統領(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】カリブ海ハイチのモイーズ大統領が暗殺されて7日で1年がたった。地域の最貧国は政治の混乱が続き、治安も著しく悪化。昨年8月には大地震に見舞われて後任を選ぶ選挙のめどは立たず、現在も大統領は不在のままだ。住民は国際社会の支援がない限り現状から脱することはできないと嘆く。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る