文字サイズ

ドイツ、パレスチナ議長を捜査 「ホロコースト」発言

共同通信
共同通信

 【ベルリン共同】ドイツの警察当局は19日、パレスチナ自治政府のアッバス議長が16日にショルツ首相とベルリンで記者会見した際「イスラエルはパレスチナにホロコーストを行った」と発言したことについて、憎悪を扇動した疑いで捜査を始めたと明らかにした。ホロコーストはナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺を指す言葉で、第2次大戦終結までに約600万人が殺害されたとされる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る