文字サイズ

尿で脳腫瘍診断 名古屋大が開発

少量の尿で脳腫瘍を99%診断 名古屋大、早期発見に期待

 早期発見が難しい脳腫瘍を、1ミリリットルの尿から99%の精度で診断できる方法を開発したと、名古屋大や三重大などのチームが米化学会誌に発表した。腫瘍から分泌され尿に含まれる微小物質「マイクロRNA」を効率よく集め、分析する。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る