文字サイズ

昭和基地開設65年 高まる存在感

南極・昭和基地、高まる存在感 開設65周年、環境監視の拠点に

開設65年を迎える昭和基地がある東オングル島と南極大陸(奥)=23日(小型無人機で南極観測隊同行記者撮影)
開設65年を迎える昭和基地がある東オングル島と南極大陸(奥)=23日(小型無人機で南極観測隊同行記者撮影)

 【昭和基地=南極観測隊同行記者】昭和基地は29日、開設65周年を迎えた。4棟で始まった基地の建物・施設は60棟以上に増え、世界屈指の拠点に。日本の観測隊は気候変動解明につながる氷床コア掘削や、オゾンホール発見など成果を重ねてきた。地球の環境センサーとして南極の存在感は高まっており、隊員たちは同基地を中心に地道な活動を続ける。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る