文字サイズ

南ア 11月にはオミクロン株優勢

南ア、11月にはオミクロン株優勢 陽性率急上昇

ロイター

[ヨハネスブルク 1日 ロイター] - 南アフリカの国立伝染病研究所(NICD)は1日、11月に実施された新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果では74%が新変異株「オミクロン株」だったと明らかにした。オミクロン株の感染が9州のうち5州で確認されたとしている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る