文字サイズ

「サル痘」、12カ国に拡大 80人感染、WHO警戒

サル痘ウイルス(CDC提供・共同)
サル痘ウイルス(CDC提供・共同)

 【ロンドン、ワシントン共同】世界保健機関(WHO)は20日、発疹などが現れるウイルス感染症「サル痘」の患者が11カ国で80人前後に上ったと発表した。他に50人ほどを調査中で、患者はさらに増える見込みだという。さらにオランダでも感染を確認。患者の大半は過去にサル痘が発生してきたアフリカ西部や中部への渡航歴がなく、WHOは「異例だ」と警戒感を示した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る