文字サイズ

「苦労への対価、謝罪を」 挺身隊判決4年で原告会見

共同通信
共同通信

 【ソウル共同】韓国最高裁が三菱重工業に元朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償を命じた判決から4年となった29日、南西部光州の原告梁錦徳さん(92)がソウルの最高裁前で記者会見した。「日本で過酷な労働をさせられ、苦労したことへの対価として謝罪を受けたい」と訴え、差し押さえられた同社資産の売却命令を下すよう最高裁に求めた。

続きを読む
dmenuニュースアプリダウンロードバナー
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る