文字サイズ

世界のサンゴ 10年間で14%減少

世界のサンゴ、10年で14%減 COP26に対応策期待

共同通信

 【ナイロビ共同】世界の海に生息するサンゴが2009年から10年間で14%減少したとの調査結果を国連環境計画(UNEP、本部ナイロビ)の支援を受けた国際研究チームが16日までに発表した。地球温暖化による海水温の上昇でサンゴの白化が広がったことが主な原因と結論付け、英国で10月末から開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)などでの対応策の検討に期待を示した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る