文字サイズ

チベット亡命政府首相が危機感 中国の同化政策、強権化に

共同通信
共同通信

 【ダラムサラ共同】インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府のペンパ・ツェリン首相は30日までに共同通信と単独会見し、中国の習近平指導部が異例の3期目入りで一層強権化し「全ての措置が国民支配に向かう」と懸念を表明した。子どもに中国語教育などを強制する同化政策の継続で「次世代まで完全な中国人に変えられてしまう」と危機感を示した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る