文字サイズ

レーガン氏銃撃犯自由の身に 米

レーガン氏銃撃犯、自由の身に 来年6月、行動制限を解除

共同通信

 【ワシントン共同】米ワシントンの連邦地裁は27日、1981年に当時のレーガン大統領を銃撃して負傷させ、その後に心神喪失で無罪となったジョン・ヒンクリー元被告(66)に課せられていた行動制限について、安定した状態を保つことができれば来年6月に解除して自由の身とすることを認める判断を示した。米メディアが報じた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る