文字サイズ

米大統領、サル痘感染拡大は「誰にとっても気がかり」

5月22日、 バイデン米大統領(写真)は「サル痘」の感染者が増加していることについて「誰にとっても気がかり」だとし、米保健当局者が可能な治療法やワクチンについて検討していると述べた。メリーランド州の米軍基地で18日撮影(2022年 ロイター/Elizabeth Frantz)
5月22日、 バイデン米大統領(写真)は「サル痘」の感染者が増加していることについて「誰にとっても気がかり」だとし、米保健当局者が可能な治療法やワクチンについて検討していると述べた。メリーランド州の米軍基地で18日撮影(2022年 ロイター/Elizabeth Frantz)

[ソウル 22日 ロイター] - バイデン米大統領は22日、「サル痘」の感染者が増加していることについて「誰にとっても気がかり」だとし、米保健当局者が可能な治療法やワクチンについて検討していると述べた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る