文字サイズ

オミクロン新派生型2種の感染拡大、米で変異株の70%に

7月5日、 米疾病対策センター(CDC)は、米国内の新型コロナウイルス変異株感染について、2日時点でオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」の割合が合わせて70.1%になったとの推計を発表した。写真は2021年12月、ニューヨークの検査会場で撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)
7月5日、 米疾病対策センター(CDC)は、米国内の新型コロナウイルス変異株感染について、2日時点でオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」の割合が合わせて70.1%になったとの推計を発表した。写真は2021年12月、ニューヨークの検査会場で撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[5日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は5日、米国内の新型コロナウイルス変異株感染について、2日時点でオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」の割合が合わせて70.1%になったとの推計を発表した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る