文字サイズ

セウォル号沈没7年 追悼施設新設

セウォル号語り継ぐ施設、新設 事故から7年、「記憶を希望に」

共同通信

 【ソウル共同】2014年4月に韓国南西部の珍島沖で旅客船セウォル号が沈没し、修学旅行中の高校生ら304人が死亡・行方不明となった事故から16日で7年を迎え、遺族らは現場付近などで「記憶を希望に」と祈りをささげた。犠牲となった生徒らの高校があるソウル郊外の安山市には12日、惨劇を教訓として語り継ぐ教育施設が新設された。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る