文字サイズ

親ロ派「編入支持」と主張 プーチン政権、核攻撃言及

共同通信
共同通信

 【キーウ共同】ウクライナ東・南部の計4州の親ロシア派が、ロシア編入に向け強行した「住民投票」が27日に終了する。4州の親ロ派は同日夜(日本時間同日深夜から28日未明)に開票の中間集計を出す方針で、「編入支持」と主張するのは確実。ロシア支配下の住民は軍が威嚇する中、賛成投票を迫られたと訴えている。戦線で守勢に回ったロシアのプーチン大統領は編入を急ぎ、核兵器の反撃をちらつかせて、ウクライナに武器を供与する米欧への脅しを強める見込みだ。

 英国防省は27日、プーチン氏が30日に上下両院への演説を予定しており、編入を公式に宣言する可能性があると指摘した。

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る