文字サイズ

ロ朝、有事相互支援で合意 条約署名「新たな同盟」

共同通信
共同通信

【ウラジオストク、北京共同】ロシアのプーチン大統領は19日、24年ぶりに北朝鮮の首都平壌を訪問した。金正恩朝鮮労働党総書記と会談し「包括的戦略パートナーシップ条約」に署名した。会談後の記者発表で、金正恩氏はロ朝関係が「新たな高い水準の同盟関係に引き上げられた」と表明。プーチン氏は、条約は「軍事技術協力を排除しない」とし、一方が攻撃された場合の相互支援も規定したとした。タス通信などが伝えた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る