文字サイズ

トランプ前米大統領公判が結審 最終弁論で検察側と弁護側が応酬

共同通信
共同通信

【ニューヨーク共同】トランプ前米大統領の不倫口止め料を巡る会計不正処理事件の公判は28日、ニューヨーク州地裁で最終弁論が終了し、結審した。検察側はトランプ氏らが2016年大統領選前に不利な情報をもみ消し「有権者を欺こうとした」と指摘。弁護側は不正な会計処理はなかったとして無罪を主張し、応酬となった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る