文字サイズ

ヘルソン奪還以降32人死亡 インフラ攻撃の大規模停電4日目

共同通信
共同通信

 【キーウ共同】ウクライナ警察幹部は26日、同国軍が南部ヘルソン市と周辺を奪還して以降の2週間で、ロシア軍の砲撃により住民ら32人が死亡したと明らかにした。ロシア軍による23日のインフラ攻撃で起きた大規模停電は4日目に入り、依然として各地で電気が制限され、首都キーウ(キエフ)では約13万人が停電の影響を受けた。ロイター通信などが報じた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る