米から比に返還 117年ぶり鐘の音

米戦利品117年ぶり故郷に戻る フィリピン返還のバランギガの鐘

共同通信

 【バランギガ共同】米国が20世紀初め、交戦中だったフィリピンから戦利品として持ち帰り、11日に返還された「バランギガの鐘」が15日、中部サマール島バランギガの教会に戻った。117年ぶりに鐘が鳴らされ荘厳な音が響くと、返還を待ちわびた地元の人たちは喜びに沸いた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-