文字サイズ

現役引退から9年…フィギュアスケート界の貴公子と言われた小塚崇彦が重機の免許を取る理由「重機の習得プロセスはジャンプに似ている」

Number Web
Number Web

フィギュアスケート男子シングルの選手として2010年バンクーバー五輪に出場し、11年世界選手権では銀メダルに輝いた小塚崇彦さん。

 16年3月に27歳で現役を退き、現在はトヨタ自動車の社員として「パラリンピック」や知的障害者によるスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス」に関わる仕事に従事しながら、自ら主催するスケート教室でフィギュアスケートを指導する日々を送っている。しかし、アイスショーなど華やかな舞台に登場することは少なかった。

続きを読む
dメニュースポーツバナー

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツトピックス

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る