文字サイズ

「王将」社長射殺 組員の見解は

“25口径、4発の弾丸が胸や腹に命中…”「餃子の王将」社長射殺事件を迷宮入りさせた京都府警の“失態”

 2013年12月19日午前5時45分――。

 株式会社王将フードサービスの大東隆行社長(当時72歳)は、京都市山科区の本社駐車場に車を停めた。2000年に社長となってから、毎朝午前5時半から6時に出社するのが日課だった。ゴム長靴に履き替え、廻りを掃き清める。その後、周囲の道路に水を撒く。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る