文字サイズ

疑似量子計算機で株取引の実験へ

疑似量子計算機で株取引 東芝、夏ごろ実験開始

共同通信

 東芝は13日、プログラムを駆使して株式を自動売買する高速取引に「疑似量子計算機」を活用する実験を東京株式市場で夏ごろ始めると発表した。次世代の超高速計算機とされる「量子コンピューター」をヒントに開発した。疑似量子計算機を実際の金融取引に使う実験は世界初としている。数年後の実用化を目指す。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る